12誘導心電図で分かる病気と見え方

カテゴリ:心臓系

心電図とは

心電図は心臓を伝わる電気信号を測定しグラフにしたものです。
具体的には、心臓が鼓動する間の、それぞれの心筋が減極する際に皮膚に現れる微弱な電気変化を感知して拡大します。
これにより、心臓の様々な筋肉の動き(リズム)を詳細に知ることができます。

どのように心電図から病気が分かるのか?

心筋の鼓動時の動きを知ることで、例えば心筋梗塞や心臓発作の兆候、不整脈などを知ることができます。
心電図の主な波形は、「P波」、「QRS波」、「T波」、「U波」の4種類です。
P波は心房の収縮を引き起こす心房の減極を表わし、QRS波は心室収縮、T波は心室の再分極(回復)を表します。

例えば、異常Q波、ST上昇(S波とT波が基線よりも高い)、冠性T波(陰性T波)が見られれば心筋梗塞の疑いがあります。

心電計での検査方法

心電図は、一般的に電極を両手首、両足首、つまり四肢の計4本と、胸部に6本取り付け、計10個の電極を取り付けます。
更に肢誘導全体、胸部誘導から1本ずつ波形をとり、合計12個の波形を記録します。
このため、上記の心電図を12誘導心電図と呼びます。

12誘導心電図

上述したように、12誘導心電図は四肢の4本と、胸部の6本の電極を取り付けます。
それぞれ、四肢誘導、胸部誘導と呼びます。
四肢誘導では、左足は直接心電図をとるための電極、右足はアースとして使用します。

また、胸部誘導では、前胸部から左胸壁あたりにかけて6個の電極を横に並べるように取り付けます。
これにより、心臓を水平に切ったように、心臓断面の電気信号を取得することができます。

この検査で分かる病気

心電図から分かる主な病気は以下のとおりです。

  • 心筋梗塞
  • 肺塞栓症
  • 心雑音
  • 心臓発作
  • 不整脈

公開日時: 2014年03月18日  22:34:22

心臓系に戻る

「心臓系」に関する他の解説

「心臓系」に関する他の解説はありません。

「心臓系」に関するトピックス

「心臓系」に関するトピックスはありません。

このページのトップに戻る