GOT(AST)の正常値(基準値)と高い場合の原因と病気

カテゴリ:肝・膵機能

GOTは肝細胞や筋肉が破壊されると血中に流出する酵素

GOTおよびGPTは肝臓障害のための検査になります。

GOT(Glutamic oxaloacetic transaminase)は特に肝細胞に多く含まれる代謝酵素です。
日本語ではグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼと呼びます。
なおGOTはSGOT(Serum glutamic oxaloacetic transaminase)やAST(Aspartate aminotransferase)アスパラギン酸アミノ基転移酵素と呼ばれる事もあります。

GOTは主に赤血球、肝臓、心臓、筋組織、膵臓および腎臓に存在する酵素です。
肝細胞が破壊されるとGOTが血中に流出するため、血中のGOTの値から肝障害を見つけることができます。

通常、健康診断ではGOTとGPTの両方の検査が行われます。
これはGOTとGPTの比率を見ることで、肝臓かその他の器官の障害かをより正確に判断できるためです。

GOTのみが高い場合は、肝障害ではなく心筋障害や進行性筋ジストロフィーなどの筋疾患の可能性があります。
これはGOTはGPTとは異なり、肝臓以外にも、心臓や筋組織にも存在する酵素であるため、肝障害以外の場合は、GPTは上がらず、GOTのみが高くなるためです。

つまりGOT(AST)はGPT(ALT)と違い、肝障害以外でも上昇するため、どちらの値も高い場合で、且つどちらの値が高いかで、肝臓系かそれ以外の筋肉系の障害かを見分ける事ができるのです。

正常値(基準値)

1?30 IU/L

なお、70IU/L以上になる場合は精密検査が必要です。
※GPTの場合は、100IU/L以上

この検査で分かる病気

高い場合

GOTとGPTのどちらもが31IU/L以上であり、GOT<GPTの場合

  • 肝炎
  • 慢性肝炎

GOTとGPTのどちらもが31IU/L以上であり、GOT>GPTの場合で且つ比率が2:0以上の場合

  • 肝硬変
※慢性肝炎から徐々にGOT>GPTとGOTの比率が上がっていく場合は肝炎が進行している事になります。

GOTのみが高い場合

  • 筋肉疾患
  • 心筋梗塞

公開日時: 2014年08月21日  21:53:09

肝・膵機能に戻る

「肝・膵機能」に関するトピックス

「肝・膵機能」に関するトピックスはありません。

このページのトップに戻る