γ-GTPの正常値(基準値)と高い場合の原因と病気

カテゴリ:肝・膵機能

γ-GTPはアルコール依存性や肝炎を見つける逸脱酵素

呼び方

γ-GTPは「Gamma-glutamyl transpeptidase」(ガンマグルタミルトランスペプチターゼ)の略語で、GGTPと略す事もあります。
また、γ-GT,、GGT「Gamma-glutamyl transferase」(ガンマグルタミルトランスファーゼ)と呼ぶこともあります。

γ-GTPの役割

γ-GTPは腎臓、膵臓、肝臓、脾臓、小腸に含まれ、主に肝臓で毒素(タンパク質)の解毒・分解を行う酵素です。
具体的にはグルタチオン(Glutathione)を他のペプチドもしくはアミノ酸に転移する酵素です。
つまり、γ-GTPはグルタチオンの分解が主な役割となります。
なお、γ-GTPは細胞外に存在する酵素であるため、グルタチオンの分解は細胞外でしか行われません。

グルタチオンとは

グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンが、この順番でペプチド結合したトリペプチドです。
また、グルタチオンは毒物や、抗生物質と結合して細胞外に排出され腎臓に運ばれることで、細胞から有害物質を取り除く働きをします。

γ-GTPの値から分かること

γ-GTPは腎臓に最も多く存在しますが、腎機能に障害が発生しても殆ど上昇せず、肝臓や胆道の障害で上昇します。
γ-GTPは肝臓や胆管の損傷で血中に多く放出される特徴があり、それにより値が上昇するため、肝疾患や胆道疾患を見つける事ができます。
このため「逸脱酵素」と呼ばれ、肝疾患の診断マーカーとして使用されます。

特にアルコール常飲者では高値を示すのが特徴です。
従って、アルコール依存症やアルコール性肝炎などを見つけるのに役立ちます。

また、慢性C型肝炎ウイルス(HCV)感染症などの、ウイルス性肝炎の場合にも高い値になることが知られています。

ALPとの比較

因みに、γ-GTPは多くの場合、別の酵素であるALP「Alkaline Phosphatase」(アルカリホスファターゼ)と比較されます。
ALPは肝臓だけではなく骨にも存在しているという特徴があります。
そのため、両方の値が高い場合、肝障害や胆管の障害の可能性を示し、ALPの値のみが高い場合、骨疾患の可能性を示します。

正常値(基準値)

1?50 IU/L

※値が100を超えた場合、脂肪肝が進行している可能性があり、病院での検査が必要です。

この検査で分かる病気

高い場合

  • アルコール性肝障害
  • 慢性肝炎
  • 閉塞性黄疸
※他の要因として、漢方薬、薬、サプリメントなどが原因で高値になる場合もあります。

公開日時: 2014年08月23日  00:07:06

肝・膵機能に戻る

「肝・膵機能」に関するトピックス

「肝・膵機能」に関するトピックスはありません。

このページのトップに戻る