LDLコレステロールの正常値(基準値)と高い場合の原因と病気

カテゴリ:血液脂質

LDLコレステロールとは

LDLコレステロールは比重の低いリボ蛋白コレステロールを意味し、いわゆる悪玉コレステロールです。

健康診断の結果等で、単に「コレステロールが高い」という場合は、通常はLDLコレステロールを指します。
※脂質異常症は、LDLコレステロール(悪玉)が正常範囲よりも高いか、HDLコレステロール(善玉)が正常範囲よりも低いか、またはその両方である場合が殆どです。

また、中性脂肪が多い場合、HDLコレステロールが減り、小粒のLDLコレステロールが増える事が分かっており、高LDLコレステロール血症も誘引します。

LDLコレステロールの働き

コレステロールとは?に記載のようにコレステロール自体は生命維持に必須の物質ですが2種類のコレステロールの内の1つであるLDLコレステロールは主に細胞膜の構築や修復、神経伝導を行い流動性を安定させたり、肝臓内では胆汁に変わり蓄積され、胆汁に含まれる胆汁酸塩は消化管内での脂肪の吸収を助け、また副腎皮質、性腺、胎盤が合成するステロイドホルモンの原料にもなります。
※ちなみに1日に生産されるコレステロールは約800mgであり、 その半分が胆汁酸になります。
そのため、もしLDLコレステロールが少ない場合(低脂血症)は、血管が弱くなったり、神経障害や消化器疾患、ホルモンバランス異常が起こり、生命維持に大きく関わってきます。

LDLコレステロールの弊害

その反面、LDLコレステロールが多すぎると、コレステロールが血管壁に蓄積されていき、プラークとなり、血栓や動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化は脳梗塞や、狭心症、心筋梗塞に繋がります。
従って、LDLコレステロールは高すぎても低すぎてもさまざまな病気を引き起こす要因となるため、正常範囲内で維持する事が大切です。

特に動脈硬化の主原因となるのは小粒のLDL(スモールデンスLDL)やレムナント粒子(IDL)です。
※レムナント粒子は燃焼しきれなかったLDLでLDLの残骸のようなものです。
これらは血管壁の小さな傷口に入り込み蓄積され血管壁をぶ厚くします。
さらに、それをマクロファージが異物と見なして攻撃し、そのマクロファージの死骸がプラークとなり動脈硬化を引き起こします。
このため、現在は特にレムナント粒子に注目が集まっています。

LH比

なお、LDLコレステロールは、善玉コレステロールである、HDLコレステロールにより除去され肝臓に運ばれるため、HDLコレステロールとのバランスが大切になります。
このバランスは以下の計算式でLH比として表され、実際の高脂血症の程度を知るための1つの目安になっています。

LH比 = LDL ÷ HDL

LH比のガイドライン

LH比血管内の状態
1.5以下健康的な状態
2.0以上動脈硬化の疑いあり
2.5以上血栓ができている可能性あり

※LH比の計算にはLH比計算機もご利用ください。

高脂血症(高LDLコレステロール血症)の自覚症状

高脂血症、または脂質異常症は、一般的にLDLコレステロール値が基準より高い状態を指します。
しかし、高脂血症自体は自覚症状はなく、定期的に健康診断(人間ドック)を受けなければ、実際に手足の痺れや脳梗塞、心筋梗塞が発生するまで気づかない事も多いのです。
従って、脂質の状態を知るためには健康診断などでの検査が必要になり、半年に1回など、定期的に血液検査を受ける事が望まれます。

※ちなみに、メタボリックシンドロームの判断基準における脂質異常は、HDLコレステロールと中性脂肪の値で判断します。そのため、たとえLDLコレステロールが突出して高くても中性脂肪やHDLコレステロールが正常範囲内ならメタボリックシンドロームにおける脂質異常には該当しません。

正常値(基準値)

LDLコレステロールの正常範囲は以下となります。

60?119mg/dL

脂質異常症のガイドラインは以下の表のとおりです。

脂質の種類 脂質異常のしきい値 該当する血症名
LDLコレステロール 140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
LDLコレステロール 120~139mg/dL 境界域 高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
中性脂肪 150mg/dL以上 高トリグリセライド血症

2014/04/05 追記
なお、LDLコレステロールの正常範囲の上限値について、人間ドック学会は、以下のように緩和すべきであると発表しました。

30歳?44歳45歳?64歳65歳?80歳
男性178mg/dLまで
女性152mg/dLまで178mg/dLまで185mg/dLまで

脂質異常症の対処方法(治療方法)

基本的には、食事療法(食事制限)と運動療法(有酸素運動)になります。
つまり脂肪の摂取を抑え、且つ脂肪の燃焼を増やすということが脂質異常症の根本的な対処方法となります。

食事療法

まず、食事については、脂っこいものや甘いものは極力避け、野菜や海藻類、こんにゃくなどの食物繊維の摂取を増やす事が原則です。
特に、肉などの脂肪を多く含む料理の食事の前に野菜を食べることで、脂肪の吸収が抑えられる事が知られています。
また、特定保健用食品(トクホ)に認定されている、脂肪吸収を抑える飲料水も販売されているため、それらを併用するのも良いかもしれません。
とにかく脂肪や糖分をあまり摂らない、吸収させない事が肝要です。

更に、食事の時間についても、午前10時から午後2時頃までは脂肪が吸収されにくく、逆に夜10時以降は脂肪が吸収されやすいため、深夜の食事は摂らないという事も重要です。

運動療法

次に、運動については、カロリー消費のために、毎日一駅分歩くなどの方法もありますが、急に過度に運動を増やす事は足の関節を痛めたりなど、弊害にも注意する必要があります。
例えば、適度な速度で30?40分くらい歩く程度が良いとされています。
有酸素運動は歩く事以外でも、ジョギング、水泳、サイクリングなどもありますので、いくつかの候補の中から、自分に合った方法を見つける事が長続きにつながるかと思います。

しかし食事療法や運動療法の効果を確認するためには、血液検査が必要になりますので、半年に1度くらいの間隔で病院で血液検査を受け、併せて現在の状況や現在実施している療法が合っているかについて、医師の指示を仰ぎながらの治療が効果的です。

緑茶の茶カテキンでLDLコレステロールは減るか

カテキンには脂肪を消費しやすくするという特性があるとされています。
そのため、適度にカテキンを摂取することで体脂肪を下げる事ができるかもしれません。
特にトクホ(特定保健用食品)として認められている緑茶は、その効果が認められており、効果を表示することが許可されています。
もちろんトクホではなくても普通の緑茶も茶カテキンを含む(350ml あたり約 96mg)ため、ジュースやコーヒーなどの代わりに緑茶に切り替えることでLDLコレステロールなどの脂質を下げる効果が得られるものと考えられます。

なお、茶カテキンは一定以上を摂取した場合、肝臓に悪影響を与える可能性があるため、1日の摂取目安を守り摂取することが大切です。
※日本では現在のところ茶カテキンによる肝臓疾患は特に確認されていない様子です。

代表的なトクホの緑茶の茶カテキンの含有量の目安

  • 花王 ヘルシア緑茶 350ml あたり 540mg
    摂取の目安:350ml の場合、1日1本
  • 伊藤園 カテキン緑茶 350ml あたり 197mg
    摂取の目安:350ml の場合、1日2本

LDLコレステロールが正常範囲外の場合に気をつける病気

高い場合

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 脂肪肝
また、高値の場合は以下の疾患も疑われます。
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症
  • ネフローゼ症候群

低い場合

  • 無βリポ蛋白血症
  • 家族性低βリポ蛋白血症
  • 吸収不良症候群
  • 肝硬変
  • 甲状腺機能亢進症
  • 貧血

公開日時: 2014年03月22日  09:19:35

血液脂質に戻る

このページのトップに戻る