コレステロールとは?

カテゴリ:血液脂質

コレステロールとは?

コレステロールは悪玉にされがちですが、そもそもコレステロールはすべての生物の生命維持に必須となる物質(脂質)です。
コレステロールが基準値よりも多い場合は、動脈硬化などを引き起こしやすくなるため危険ですが、少ない場合は生命維持の観点からもっと危険です。

何故生命維持にコレステロールが必須なのか?

コレステロールが生命維持に欠かせない理由はいくつかありますが、主なものは以下となります。

膜流動性の調整

コレステロールは細胞膜内で細胞内輸送や細胞内信号伝達、および神経伝導を行い、細胞膜(薄膜)を構築したり維持する働きをし、膜流動性を調整します。

ビタミンの吸収を助ける

更に、肝臓ではコレステロールは胆汁に変化して胆嚢に蓄えられ、この胆汁に含まれる胆汁酸は、消化管内で食物脂肪やビタミンA、D、E、Kをより吸収しやすくするよう助ける働きがあります。

ホルモンの原料になる

また、コレステロールは、性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)、テストステロンなどのステロイドホルモン類や、ビタミンDの合成の原料として、非常に重要な役割を持っています。

コレステロールが少ないとどうなる?

そのため、コレステロールが少ない(低コレステロール)場合、細胞膜が弱くなり、脳出血(くも膜下出血)を起こしやすい状態になります。
また、ホルモンバランスの悪化、脂肪の吸収力の低下などにより、うつや消化器疾患をはじめ、体全体の調子が悪くなります。

コレステロールが多いとどうなる?

しかし逆にコレステロールが増えすぎると、今度はコレステロールが血管壁に蓄積し酸化され、更に白血球の一種であるマクロファージがその酸化したコレステロールを取り込み塊(プラーク)となり、血液の通り道が細くなり、血管が詰まったり、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)を引き起こす可能性があります。

公開日時: 2019年02月17日  17:34:55

血液脂質に戻る

「血液脂質」に関する他のトピックス

「血液脂質」に関する他のトピックスはありません。

トピックスのカテゴリ一覧

このページのトップに戻る